HOME>オススメ情報>業務に使用可能なアルコールチェッカーの選び方とは

価格と寿命の目安とは

二日酔い

アルコール検知器は、現在かなり多くの種類が発売されています。一定の信頼を置けるのは、アルコール検知器協議会(J-BAC)が策定したガイドラインの要件をクリアした認定品です。認定品であれば精度に関して信頼度は高めになりますが、それでも価格には大きな開きがあり、精度を求めるならある程度の費用はかける必要があります。業務に使用するとなると最低でも8千~1万円台の機種を求めるのがよいでしょう。このあたりはコストパフォーマンスが高く、信頼も置けます。高精度のものであれば3万円以上の燃料電池ガスセンサータイプがおすすめですが、1年単位で定期的なメンテナンスが必要となり、メンテナンス代が1~2万円かかります。いずれも寿命があり、購入後1年もしくは長くて2年、回数の場合は千~5千回が限度です。

コスト重視の家庭用も存在する

お酌

インターネットで千円程度で販売されているアルコール検知器は、やはり精度が低く玩具の延長のような製品が多いため業務用途には不向きでしょう。ただ近年、3千円台というリーズナブルな価格の家庭用機器が大手から登場していて、J-BAC認定を受けているのも注目できます。半導体式ガスセンサーで使用限度としては1,000回使用程度となっていますが、そこまで精度は求めず目安としてチェックしたいとするならば、十分に目的は果たせる可能性があります。少なくとも抑止力にはなりますので、備えておくのも一考の価値ありでしょう。

諸官公庁で使用されているモデルも

ビール

半導体式ガスセンサーで信頼性を求めるなら、やはり諸官公庁で使用されているアルコール検知器を導入するのがおすすめです。地方自治体でも採用実績があるようなメーカーの製品であれば、7,000円程度の価格帯で5,000回程度の使用、もしくは1~1年半の使用に耐え得るモデルがあります。きちんと精度を出したい、結果を公表できるレベルにしたいという場合には、やはりこの価格帯の製品を導入する必要があるでしょう。ただ、将来的に注目されているのは半導体式ガスセンサーよりも燃料電池式ガスセンサータイプなので、価格は張りますが投資するという考え方もあります。

広告募集中