HOME>トピックス>飲酒運転でドライバーが起こす事故は避けられるトラブル

信用を失わないためのアイテム

飲酒運転で大事故を起こして捕まったドライバーがいるところとは、取り引きをしたくないと考える会社も多いでしょう。しかし、もしかすると自分のところで飲酒運転で捕まるドライバーが出てくるかもしれません。そうなると自分が思ったように、ほかの会社が自社と取り引きしたくないと考えて、取り引き先がどんどんと離れていってしまうこともあるでしょう。飲酒運転というのは避けられるトラブルなので、アルコール検知器を活用することをおすすめします。ドライバーが運転席に座る前に使えば、飲酒運転をさせずに済むので、無駄に信用を失うことはありません。

安物は使わないこと

会社のドライバーの飲酒運転を防止するためにアルコール検知器を最大限に活用したいのなら、導入費用をケチるべきではありません。なぜならば、安いアルコール検知器では飲んでいてもすり抜けてしまうケースがあるからです。インターネットで探してみれば、アルコール検知器を出し抜く方法がいくつも見つかるので、程度の低い安物を利用するのは危険だと分かるでしょう。それなりの値段がする高性能のアルコール検知器ならば、だますことが難しいので、信頼して飲酒運転の防止に活用することが可能です。

広告募集中